季節と乾燥肌

お肌の乾燥は冬だけではない!?

寒い季節になってくると急激にかさかさが気になってきます。 顔だけでなく、手やかかとなど乾燥はあらゆるところがかさかさしてきます。 その原因は湿度が低くなり、空気も乾燥してくるためです。

しかし、お肌の乾燥は秋冬だけではありません。 夏にも肌は乾燥します。 このように季節にかかわらず、肌は乾燥しやすいのです。 そしてその原因はさまざまですが、原因を知ることで対策をしっかりしていきましょう。

夏に多い、「隠れ乾燥肌」

夏は汗でべとべとになり、乾燥とは無縁の季節と思いがちですが、実はこの時期は隠れた乾燥肌が多いのです。 なぜ汗や皮脂分泌が多くなる夏場に乾燥肌になってしまうかというと、夏場の強い紫外線が原因なのです。

肌には本来、自分で肌を保護するシステムが備わっています。 汗と皮脂が混ざり合ってできる皮脂膜が、肌を保護するバリア機能を持っています。 しかし、紫外線により大きくお肌のバリア機能に影響を受けることがあります。

紫外線のお肌への影響

紫外線にはA波とB波がありますが、A波は真皮にまで到達し、エラスチンやコラーゲンを変性させ、たるみやしわの原因になる紫外線です。

またB波は肌に炎症を起こしやすくし、メラニン色素を生成させる原因になります。

これらの紫外線を浴びる事で肌はダメージを受け、肌のターンオーバーのサイクルが乱れます。 夏の季節は特にこの強い紫外線を繰り返し浴びるので、肌はダメージを受け続けるため、肌のバリア機能が低下します。 バリア機能が低下すると、肌の内部の水分が痛んだバリア層から蒸発して外に逃げ出してしまい、お肌が乾燥してしまうのです。

冬の乾燥肌

冬は湿度が低く乾燥する季節になります。 秋から冬にかけて顔だけでなく、手やかかと、体中、粉をふいた状態になることもあります。

この季節は外が乾燥しているというだけでなく、室内でもエアコンやストーブなどの暖房によってさらに乾燥しやすくなります。 特に汗や皮脂が出にくくなり、肌を保護するバリア機能が弱まります。 バリア機能が弱まると、乾燥するだけでなく、乾燥に伴うかゆみや炎症を引き起こす人もいます。 ですから十分な保湿によって、バリア機能を高める必要があります。

一年を通して乾燥対策は必要

肌の乾燥を防ぐ為には、季節に関わらず1年を通したケアが必要になります。 夏場のUVケアが不十分ですと、秋から冬にかけて気温が下がるにつれて、肌の乾燥を感じやすくなります。 夏場にお肌の乾燥を感じていない方でも、夏場に紫外線のケアが不十分で肌バリアにダメージを受けている方は、秋冬になってそのツケが回ってきてお肌の乾燥で悩まされることになります。 ですから、夏場は肌バリアを守るためにきちんとUVケアを行い、お肌にダメージが蓄積されないようにしておくことが大事となります。

お肌の保湿とは、水分を与えることではない!?

お肌の乾燥を感じる方は、多かれ少なかれお肌のバリア機能が弱まっています。よってお肌のバリア機能を高めるために保湿対策を行うことでお肌の乾燥を防ぐことができます。

保湿というと、化粧水でお肌に水分を供給することだと思っている方がいらっしゃいますが、化粧水で供給した水分というのは蒸発すればすぐに無くなります。本当に重要なのは、お肌の内部の水分を逃がさないということなのです。

お肌内部の水分を逃がさないために

お肌内部の水分が逃げるのは肌バリア機能が弱まっているからですので、肌バリア機能を高めることが最も必要な乾燥対策になります。

肌バリア機能を高めるためには、「セラミド」入りのスキンケア用品を使用することです。セラミドは角質層の細胞と細胞を繋いでいる成分ですので、外側からセラミドを角質層に供給することで、細胞と細胞のすき間を埋めてお肌内部の水分が蒸発して逃げるのを防いでくれます。

おすすめのセラミド化粧品

ずばり、私のおすすめはバランシングゲルです。

オールインワンゲルなので保湿力に不安があるという先入観があるかもしれませんが、バランシングゲルは3種類のセラミドを配合し、お肌と同じ「ラメラ構造」のゲル構造にすることで、お肌の表面に擬似的な肌バリア層を形成し、お肌の乾燥を防ぐことができる非常に優れた保湿スキンケア用品なのです。

まとめ

・夏場に紫外線で肌バリアにダメージを受けることによって乾燥肌になる
・夏場の乾燥対策はUVケアが大事
・お肌の保湿とは化粧水で水分を供給することではない
・お肌の乾燥対策にはセラミド入りの基礎化粧品で保湿ケアするとよい