乾燥肌の洗顔方法

お肌を乾燥させないための洗顔方法

顔が乾燥してくると、洗顔後はつっぱったり、粉をふいたりしてきます。 汚れを落とす洗顔は大事ですが、洗いすぎてしまうと乾燥させてしまうことにもなります。 できるだけ乾燥させない洗顔方法が必要になります。

泡洗顔

最近ではテレビのCMでも泡で洗顔するという洗顔料が取り上げられ、 多くの人に洗顔はたっぷりの泡でするものという認識が広まったように思います。 洗顔料が泡立てて使うタイプの場合は、きめ細やかな泡をつくって使用します。 この泡が、毛穴の汚れを吸着して取り除くからです。 泡をつぶさないように肌にのせて、やさしく全体をなでるように洗います。 けしてゴシゴシこすらず、やさしく包み込むように洗うのがポイントです。

すすぎ

洗顔料を洗い流す時もこすらず、ぬるま湯で顔にかけるようにして洗い流しましょう。 ここでもこすったりすると、顔の皮膚はちょっとした摩擦でも小じわになってしまったりするので、 悪い習慣になる前に気をつけましょう。

洗顔料を使うのは夜だけで十分

洗顔は夜と朝の一日2回行うのがよいのですが、乾燥している季節には洗顔料を使うのは夜だけにしてみましょう。 乾燥していても、朝の顔はちょうどよいしっとり感だったという経験はありませんか?

寝ている間に分泌された汗と皮脂によって皮脂膜ができ、肌は乾燥から保護されている状態です。 本来余分な皮脂や汚れを落とす目的の洗顔で、必要な皮脂まで洗い流してしまうとますます乾燥しやすくなります。 ですから、朝はぬるま湯か水で洗うだけにしてみましょう。

夜のメイク落とし

夜はメイク落としのダブル洗顔がおすすめですが、これはファンデーションやメイクの濃さによっても変えてみましょう。 乾燥する季節は、リキッドタイプのファンデーションを使う人が多いと思います。 乾燥肌のメイク落としは、オイルクレンジングがおすすめです。

オイルクレンジングは刺激が強いと思われがちですが、オイルを使っていないタイプのクレンジングでなぜ油のアイメイクなどが落ちるかというと界面活性剤を使って乳化させているからです。この界面活性剤というのはオイル以上にお肌に負担をかけるもので、肌バリアにダメージを与えますので、オイルクレンジングがリキッドタイプなどと比べてお肌に良くないということはないのです。

また夏には、日焼け止めだけを使用している時もオイルでクレンジングしてみましょう。 乾燥肌の洗顔は、皮脂を落としすぎないことがポイントです。