お肌の乾燥にはこの美容成分が入ったものを

お肌の乾燥対策にオススメの美容成分はコレ

10代や20代は何もしなくても肌は十分に水分を保てる状態でした。 しかし30代40代になってくると、加齢によって肌の水分は失われていきます。 肌の水分量を保つ事はエイジングケアとしても、とても重要なことです。

保湿成分と言っても、水分を維持する働きによってタイプが分かれます。

プロテオグリカン - ヒアルロン酸の1.3倍の保水力

まずは蓄水力のある成分から紹介します。 今注目されている成分は、プロテオグリカンという成分です。

蓄水力がヒアルロン酸の1.3倍になり、細胞の新陳代謝を促すEGFのような作用があります。 そのため、乾燥肌だけでなく年齢肌のケア成分としても注目されています。 この成分は皮膚や軟骨など人間の体にもともとある成分なので安全性は高いものです。

ヒアルロン酸 - 1gで6リットルの水を保持可能

次はヒアルロン酸です。1gで6リットルの水分を保持することが可能である成分で、お肌の角層に浸透すると水分を吸ってお肌をふっくらとさせることができます。 ヒアルロン酸も皮膚をはじめとする体のさまざまな場所に存在します。

コラーゲン

コラーゲンもまた肌のハリをもたらすだけでなく、保湿成分としても効果のある成分です。 但し、コラーゲン配合の化粧品をお肌につけたからといってお肌のなかのコラーゲンが増えるわけじゃないので、お肌の上に乗っている間だけの保湿成分ということになります。

EGF - 細胞レベルでエイジングケアができる

次は肌の保水力を高める成分です。 EGFという成分ですが、聞き慣れない成分です。 これはアミノ酸を含むタンパク質の一種で、細胞の成長と増殖を促進します。 つまりターンオーバーを促し、新しい細胞になることで肌の保水力を高める効果があります。

アミノ酸

そしてアミノ酸ですが、天然保湿成分(NMF)にも含まれているため、 角質層の細胞間の保湿性を維持する事ができるようです。

セラミド - 最強の保湿成分

水分の保持能力を高める成分としてはセラミドは非常に優れた保湿効果を発揮します。 角質層において、水分と脂質成分を抱えて水分を維持する働きのある細胞間脂質の主な成分です。 乾燥した季節などの環境や、年齢によってセラミドは減少します。 それを補う事で、お肌内部の水分の蒸発を防いで、うるおいが維持されやすくなります。

まとめ

上記でご紹介した保湿成分は、もともと体の中に存在する成分なので、安心して使用できます。 乾燥肌や年齢肌は、環境によって敏感になりやすくなったりするので、できるだけ保湿して、バリア機能を高める必要があります。 そのためにも、上記で紹介した成分が入っているかどうかを着目してスキンケア選びをするとよいでしょう。